悩めるママの日記

中・高生2児の悩めるママ☆くらしの情報発信中!

賞味期限の切れた厚揚げを食べてみた

f:id:hanayasu:20190822194931j:image

台風がくるから、という理由でいろいろな食材を買いだめしておいた先週末。

きのう、厚揚げが冷蔵庫にあるのを発見!すっかり忘れていました…

確認してみると賞味期限が5日ほど過ぎています。

ふ〜ん、厚揚げって賞味期限なんだ…

あれ?消費期限じゃないんだね〜

ん?そもそも消費期限と賞味期限って何が違うの?

気になったので調べてみました。

消費期限と賞味期限

食品の期限表示について、農林水産省のサイトに記載されていました。

お店で買った食品には、安全においしく食べられる期間があり、袋や容器に「消費期限」か「賞味期限」のどちらかが表示されています。

そのちがいを知って、健康を守るとともに、買い物をした時や家の冷蔵庫の中にある食品の表示をよく見て、いつまで食べられるか確かめるようにすれば、食べ物をむだにすることもありません。

食品をむだにしないことは、地球の環境を守ることにもなります。キーワードは「もったいない」です!

消費期限と賞味期限:農林水産省 より引用

消費期限と賞味期限の違いについても記載がありました。

消費期限

袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで、「安全に食べられる期限」のこと。お弁当、サンドイッチ、生めん、ケーキなど、いたみやすい食品に表示されています。

賞味期限

袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで、「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」のこと。スナック菓子、カップめん、チーズ、かんづめ、ペットボトル飲料など、消費期限に比べ、いたみにくい食品に表示されています(作ってから3ヶ月以上もつものは「年月」で表示することもあります)。この期限を過ぎても、すぐに食べられなくなるわけではありません。もし、賞味期限が過ぎた食品があったら、大人の方とそうだんしてから食べましょう。

消費期限と賞味期限:農林水産省 より引用

  • 消費期限:期限を過ぎたら食べない方がいい
  • 賞味期限:おいしく食べられる期限

と、いうことは…

この厚揚げはおいしく食べられる期限は過ぎているものの、食べない方がいいという訳ではない…?

で、結局食べるのか?

どうしよう?食べる?食べない?

とにかく開けて、ニオイがないか確認してみることにします。

こういう時は人間の感が大事。

開けてみると、特に色も悪くなってないしニオイもなし。

ネバついている感じもしないし、少しかじって確認してみました。

… 特に問題なさそうです。

オッケー、食べても大丈夫! と判断しました。

でも、食べるのは私だけ。

子どもたちにはやはり食べさせられませんね。

今夜のメニューはそぼろ丼。

私の分はご飯のかわりに厚揚げを焼いて、その上にそぼろをのせることにしよう。

厚揚げを一口大に切り、フライパンでこんがり焼いたら焼肉のタレで味付けしました。

なんと!とってもおいしくいただきました!

無駄にせずに済んでよかったです。

食品ロスは極力出したくないですからね。

 

ご注意を!

ただし、消費期限も賞味期限も、袋や容器を開けないで、書かれた通りに保存していた場合の安全やおいしさを約束したものです。一度開けてしまった食品は、期限に関係なく早めに食べるようにしましょう。

賞味期限が切れていても食べれた、と書きましたが、私個人の意見です。食べるか食べないかについては、各自の責任で判断してください。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ
にほんブログ村


40歳代ランキング