悩めるママの日記

40代後半アラフィフ主婦の日記です

なつかしい?元素記号の覚え方

中学生の息子が、授業で元素記号を習っているらしい。

次の授業でテストがあるとかで、必死に覚えておりました。

夕食を食べながら、高校生の娘も交えて元素記号クイズ大会の開催です。

「Hは?」「水素!」

「鉄は?」「Ag?」「いやいやそれは銀でしょう。Ag+とかってCMでやってるじゃん。」 などと言いながら。

結構、覚えてましたよ。化学、好きでしたから。

そうそう、「水兵リーベ僕の船」って覚え方がありましたよね。なつかしい。

水(H:水素) 兵(He:ヘリウム) リー(Li:リチウム) ベ(Be:ベリリウム) ぼ(B:ホウ素) く(C:炭素) n(N:窒素) o(O:酸素) ふ(F:フッ素) ね(Ne:ネオン)

続きがあるそうです。すっかり忘れておりました。

「七曲りシップスクラークか」? 

なんじゃこりゃって感じですが、単なる語呂合わせに深い意味はありません。

七(Na:ナトリウム) まが(Mg:マグネシウム) り(Al:アルミニウム) シッ(Si:シリコン) プ(P:リン) ス(S:硫黄) クラ(Cl:塩素) ー(Ar:アルゴン) ク(K:カリウム) か(Ca:カルシウム)

 

娘曰く、最近ではここまで覚えなさいとは言われないようです。

でも、ま、知っていても損はないですよね。

うーん、得もなさそうですが…

 

そもそも、元素記号(げんそきごう)って何?

元素、あるいは原子を表記するために用いられる記号。原子記号(げんしきごう)とも呼ばれる。
現在は、1、2、ないしは3文字のアルファベットが用いられる。
分子の組成をあらわす化学式や、分子の変化を記述する化学反応式などで利用される。

元素を原子番号の順に覚えるための語呂合わせが「水兵リーベ…」なのですが、じゃあ、原子番号はどうやってつけられているのでしょうか。

原子番号(げんしばんごう、英: atomic number)とは、周期表におけるある元素の位置を示す番号のこと。

また、原子量が最小の水素を1とし、原子量の大きさ順に元素を並べたときの順位を表す番号をいう。原子核に含まれている陽子の数と等しい。

へえ~、水素は原子量が最小なんだ。

ん?原子量って何?

 

自然界に存在する原子の中で最も重たいものはウラン原子ですが、
それでもその質量は約f:id:hanayasu:20180719125344p:plainと、とても軽いです。

昔、偉い人が「原子の質量はそのままじゃ小さすぎて使いづらいから、炭素の質量を12って決めて、他の原子はそれと比べてどれくらい重い(軽い)かどうかで表せばいいんじゃん?」って思いつき、原子の相対質量を定めたのです。

つまり、原子量とは、文字どおり原子の質量のことです。

 

その原子量の順番に並べたのが周期表なんですね。

 

化学というのは、わからない言葉をわからない言葉で説明してあって、どんどん深みにはまっていってしまいます。

頭が痛くなってきました。

今日はここまで!

 

こちらのサイトを参考にしました。↓

iso-labo.com

興味のある方はご覧ください。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ
にほんブログ村


40歳代ランキング