悩めるママの日記

40代後半アラフィフ主婦の日記です

DVD『夜は短し歩けよ乙女』が届いたので、さっそく娘と鑑賞会を開催しました!

「夜は短し歩けよ乙女」 Blu-ray 通常版

星野源が大好きな娘は、『夜は短し歩けよ乙女』の映画をみにいきたかったのですが、いけなかったので、DVDを買いました。

いえ、買わされました。

 

きのう、宅配便で届いたので、さっそく娘と一緒に鑑賞会を開催。

といっても、晩ご飯の時に一緒に見ただけですが…

 

この『夜は短し歩けよ乙女』の作者やあらすじなど、何も前知識のない状態でみました。

ただ、声の出演に星野源が出ているという情報のみです。

 

見終わった感想

なんだ、これは?

いったい、どういうお話?

現実?夢? これって一晩のこと?え?でも、季節変わってるし…

 

頭の中が混乱しています。

 

うーん、不思議な話だ…

京都の話、ってことぐらいかな。わかったことは。

そういえば、エンドロールに京都大学って出ていたし。

あ、あの学園祭は京都大学の学園祭かぁ?

 

あとからじんわりと面白さがわいてくる映画でした。

 

あとで、小説も読んでみたいです。 

 

こちらは同じ作家さんの小説で、この小説の登場人物が『夜は短し~』に出てくるようです。
こちらも京都を舞台にした小説で、4つのパラレルワールドという不思議なお話。

 

小説と映画では、設定が違っているところがあるようです。

そのあたりも小説をよんで確かめてみたいですね。

小説を読んだ後、もう一度、映画をみてみるのもいいですね。

 

作者 森見登美彦(もりみ・とみひこ)

1979年、奈良県生まれ。京都大学農学部卒、同大学院修士課程修了。

2003年、『太陽の塔』(日本ファンタジーノベル大賞)でデビュー。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ
にほんブログ村


40歳代ランキング