悩めるママの日記

40代後半アラフィフ主婦の日記です

1日1分見るだけ?!目がよくなる28のすごい写真とは?

最近、スマホを見ることが増えたせいか、目が見えにくくなってきていると感じる今日この頃。しかも、老眼も進んできているようです。

そのことを夫に話したら、こんな本を買って来てくれました。

f:id:hanayasu:20180110001326j:image

 『1日1分見るだけで目がよくなる28のすごい写真』

 

目がよくなるためのポイントは2つ

  • 目の奥の"ピントを合わせる筋肉"をきたえる
  • "脳内視力"をきたえる

この2つの効果が得られるように開発されたのが、この本の目がよくなる写真です。

さらに写真だけでなく、印刷、紙質、開きやすさ、持ちやすいサイズなど、たくさんの工夫がされているそうです。

そして、毎日飽きずに続けられるように考えられた、画期的な視力アップメソッドです。

この本では、4週間(28日)で完結するトレーニングになっていて、28枚の様々な効果のある写真が載っています。

1日1回、1分程度、写真を眺めるだけでOK。写真が気に入れば、疲れない範囲で何度見てもいいそうです。

写真はどれもきれいなので、見るだけでも心が癒される感じがします。

ては、実際にどんな写真なのか一部をご紹介します。

 

DAY1

f:id:hanayasu:20180110140144j:image

見開き1ページに左と右それぞれ色の違うお花の写真です。

これは、左右で反対色に反転させた写真で、右を10秒見たら、次に左を10秒、それを3回繰り返すというものです。色彩感覚を養うことができるそう。

 

DAY2

f:id:hanayasu:20180113212401j:image

コンペイトウの上に1〜30の番号が振られている写真です。

1から順番に目で追っていくと、視線をあちこちに飛ばして、その都度ピントを合わせるので、目のピント調整をする毛様体筋がきたえられるということです。

 

DAY3

f:id:hanayasu:20180114235015j:image

遠く(川が流れ始めているところ)と、近く(滝が流れ落ちているところ)を交互に見ます。遠近にピントを合わせることで、筋肉のこわばりをなくします。

 

 

 

この他にも、間違い探しの写真や、迷路の写真といった、脳にも刺激を与えて認知症を予防する効果のあるものもあります。

楽しみながらゲーム感覚で進められるのがいいですね。ちょっとした息抜きにもなります。

美しい写真は、それをボーッと眺めているだけでも、とても心地いいものです。

目が疲れたなぁと思ったら、この本をぼんやり眺めたいと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ
にほんブログ村


40歳代ランキング