悩めるママの日記

40代後半アラフィフ主婦の日記です

スポンサーリンク

「読書ノート」で有意義な読書?

ずいぶん前にフォトリーディングの講座を受けたことがあります。
まだ上の子おなかにいる時(あれ?下の子だったっけ?)だったので、もう10年以上経ちますね・・・
時間が経つのは早いです。
当時、私はまったく読書をしませんでした。というか、できませんでした。
もっぱら雑誌やカタログ専門です。
なんとか読書をしたくて、講義を熱心に受けたものです。
それからはなんとか読書をする習慣がついたのですが、最近はまた読めなくなってきました。
何か理由があるのか?さっぱりわかりませんが、おそらく、何かしらの原因はあると思います。
「読書」をキーワードにしたブログで面白いのがあったので、ここに書きとどめておこうと思います。


〜ノートの達人に学ぶ!「読書ノート」で有意義な読書をする4つの秘訣〜
『読書は1冊のノートにまとめなさい』

読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

1.アウトプットを目的にして読書してみる
アウトプットを前提とすることで、インプットの質が上がる
アウトプットとは「読書ノート」のことで、ノートに「書く」ということは、そのテーマについて「考える」ということです。
「考える」ことは人生において大事なことですから。


2.サーチ読みする
サーチ読みとは、「重要箇所を抽出する作業」。
その本から学びたいことを決めて、それを探すように読みましょう。


3.最重要箇所を段階的に洗い出していく
(1) 通読
(2) 再読
(3) マーキング ←の箇所を「読書ノート」に書き出していく


4.ねぎま式ノート法で「自分の考え」を書く一つの引用と一つの感想をねぎま(焼き鳥の)のように交互に繰り替えすことで、
読書ノートに引用を「○」、感想を「☆」として書き込みます。
☆の「自分の考え」を書くクセがつくのがいいところです。


メモをとるのが苦手な私でもできるでしょうか?
また読書を再開したいなぁと思っているので、挑戦してみようと思います。
さて、成果のほどは・・・? 乞うご期待!ですね〜