悩めるママの日記

40代後半アラフィフ主婦の日記です

スポンサーリンク

【DIY】お風呂のシャワーホース&シャワーヘッドの交換、簡単にできました!

今のマンションに住み始めたのは、娘が8ヶ月の頃、ということは、もう15年になるんですね〜。

15年も経つと、いろいろなところにガタがきます。

ついこの前も、キッチンの水栓が壊れて修理したところです。

その時の記事です ↓ 

hanayasu.hatenablog.com

 

ということで、きっちり、お風呂場のシャワーホースにも漏れが出てきました。

今回は、お風呂場の水回りをDIYで交換したお話です。

 

 

現状

シャワーヘッド

シャワーヘッドは入居した時のものから、一度、交換しています。交換したのは、壊れたからではなく、節水のためだったように思います。ハッキリとは覚えてませんが…^^;

このシャワーヘッドも、繋ぎ目から水が少し漏れているのが気になっていたので、今回、ホースと一緒に交換することにしました。

今のシャワーヘッドはジャパネットで買ったもので、こんな感じです。

f:id:hanayasu:20170721234826j:image

ヘッドの部分が自由に動いて角度を変えられるので、とても使い勝手は良かったです。つけ替えた当初は、水の出方が細くて範囲が狭くなったので、なんか違うなぁ〜と思っていましたが、今ではまったく問題なく普通に使っています。慣れると大丈夫、という事です。

アラミック 3Dアースシャワー【上下90°左右360°自由自在に回転! 】 3DE-24N

 

シャワーホース

我が家の混合栓のメーカーはKVKです。なのでKVKのホースを使うことにしました。その方が、アダプターを使用することなく使えてスマートです。

メーカーがわからない場合でも、アダプター付きのホースがあるので、それを使えば大丈夫です。

現在のホースの長さは1.6mの標準タイプです。

 

購入したもの

今回、購入したもの。3点です。

f:id:hanayasu:20170721230933j:image

シャワーヘッドとホースと工具です。

シャワーヘッド

持ち手の部分にストップボタンがついているシリーズもありましたが、我が家の水栓の位置から考えて、ストップボタンは不要と判断しました。

このシリーズは、シャワーを手に持ってする「ハンドタイプ」か、フックにかけて使う「フックタイプ」か、また、手元ストッパー有・無、さらに、「柔らかな肌当たり」か「節水・低水圧」かを選べることができます。

自分好みのタイプを探してみてください。

ちなみに我が家は、「フックタイプ」「手元ストッパー無」「柔らかな肌当たり」にしました。本当に柔らかな肌当たりで気持ちいいです。

シャワーホース

シャワーヘッドにホースとセットのシリーズがあったのですが、我が家の混合栓はKVKだったため、KVKのホースにしました。

なぜかというと、シャワーのフックがメーカーが変わるとガタついてしまうんじゃないかと心配だったためです。

現在使用中のメーカーと同じならば問題ないだろうということで、こちらのホースにしました。

ガタつきもなく快適に使えています。

工具(ウォーターポンププライヤー)

シャワーヘッドの交換のみ行う方は工具は必要ありません。

シャワーヘッドをくるくると回せばはずれます。

私は今回、シャワーホースを交換するため、一緒に購入しました。

リコマースでゲットしたAmazonギフト券が残っているので、Amazonで購入することにしました。

水曜日の夜に注文して、金曜日に届きました。早いですね〜。

 

交換開始

届いて、すぐに交換しました。

ダンボールを開けて、交換完了まで30分も経ってないと思います。超簡単でした!

f:id:hanayasu:20170722171223j:image

15年の間、一度も触っていなかったので、固まっているかも?と心配しましたが、すんなりとはずすことができました。

取り付ける時、最後にきつく締めるんですが、工具がいろんなところに当たるので、ちょっとづつしか回らず、やりづらかったです。

 

水回りの修理なんて、業者に頼まないとダメかと思ってましたが、なんのなんの、素人主婦にも問題なくできました。

「はずして・つける」 ただそれだけです。

f:id:hanayasu:20170721234715j:image

ホースの長さは、1.6メートルから少し長くして2メートルにしました。

残念なことに、洗濯機まで届きませんでした。

もう少し長くしないとダメでしたね…^^;

洗濯にお湯を使いたいと思っている方は、きちんと測った方がいいですね。

私はちょっと失敗してしまい、洗濯機にお湯は入れられないですが、風呂場内の掃除はしやすくなると思います。

それに、もう少し長いと、ホースが床についたままになってしまうので、衛生的にも、ちょうどよかったかもしれません。

シャワーもやわらかくてとてもキモチイイシャワーです。

交換してよかったです。

 

最後に

シャワーホース、そしてシャワーヘッドの交換は、とても簡単にできることがわかりました。

今はネットで部品を注文したり、交換方法を調べたり、なんでもできます。便利な世の中になったものです。

業者さんに頼まないと難しい作業もあると思いますが、シャワーホースとシャワーヘッドの交換であれば、素人でも問題なくできました。

まずは自分でやってみる、という選択肢もあるんですね。勉強になりました。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。

にほんブログ村 主婦日記ブログ お気楽主婦へ
にほんブログ村


40歳代ランキング